お花見の遊び 迷惑にならない方法は?おすすめのおもちゃもご提案! | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

子連れ旅行

お花見の遊び 迷惑にならない方法は?おすすめのおもちゃもご提案!

投稿日:2017年12月22日 更新日:

———————–
お花見で公園などに行き、宴会をされる方もいらっしゃると思いますが、子供と一緒に、となると、子供たちは飽きてしまいますよね。
そうなると、周りの迷惑を考えずに走ったり、ボールを投げたり…ということもあります。
マナーを守りつつ、子供たちも楽しめる遊びはないものでしょうか。
お花見の際、お子様におすすめの遊びをご紹介します。

———————–

スポンサーリンク

お花見の遊び 気をつけることは?

お花見の場所は、公共の場所であることが多いですよね。
普段は子供たちの遊び場である公園が、その時期は大人たちの宴会場と化すこともあるかと思いますが、桜を見ながらイライラするよりも、お互い楽しく花見ができた方がいいですよね。

そう考えると、ボール遊びは、どこにボールが飛んでいってしまうかわかりませんので、やめた方がいいでしょう。
実際、お弁当の上にボールが飛んで来て、当の子供は逃げてしまうし、保護者も気が付かない…なんて話も聞きます。

お互いのテリトリーの中で楽しめる遊びなら、気持ちよく過ごせますね。

お花見の遊び 場所選びで工夫を!

まずは、場所を選ぶ時点で工夫できることはないか、考えてみましょう。
大人ばかりの場所で、子連れで花見をするとしたら、子供の遊びが目立ちますよね。
でも、周り中が子連ればかりの場所なら、ある程度はお互い様ということで、気兼ねなく遊べるのではないでしょうか。

普段から子連れの多い公園を選ぶとか、公園の中でも遊具の近くにするなど、子連れに優しい場所を選んでみましょう。
遊具があれば、そこで遊べますし、他の遊びも迷惑になりにくいですよね。

遊びたい遊びがあるのなら、それに適した場所を選ぶことも大切です。
ゴツゴツした地面では遊べないとか、木が生えているところでは遊びにくいとかでしたら、遊びやすい場所を見つけましょう。

お花見でできる遊び おすすめおもちゃは?

お花見の間、夢中で遊んでもらうために、こんなおもちゃはどうでしょうか。

・砂遊びセット
砂で遊べる場所がそこにあるのなら、砂遊びができるお砂場セットを持って行ってはどうでしょう。
ドロドロになる可能性は高いですが、長い時間遊べます。
小学校低学年くらいまでなら、結構夢中で遊びますよ。

・けん玉、竹とんぼ、お手玉
昔ながらの日本のおもちゃには、やり始めたら夢中になる要素がいっぱい。普段は自分からこういった遊びで遊ぶことがないお子様も、この機会にどうですか?
けん玉は、周りの人とぶつからないくらいの広さをとって遊んでくださいね。
竹とんぼは、木に引っかからないようご注意を。

・スラックライン
おもちゃではありませんが、木に結びつけて使う、綱渡りのできる道具です。
こちらは、場所を選ばないと、公園の管理管理事務所などに注意されることになります。使える場所は限られますが、子供たちは大喜びで遊んでくれます。
本当に単純な遊びで、綱を渡るだけなのですが、向こうまで渡れるようにはなかなかなりません。
できそうでできないのが、夢中になるポイントのように思います。
綱を張る場所はよく選んで、木を痛めないように保護テープを巻き、使ってくださいね。(桜の木はやめておきましょう)ちなみに、以前、子供の友達家族とお花見に行った際、子供達はみんなスラックラインに夢中でした。高学年の子供が意外と熱中して遊んでくれたので、子供の年齢に幅がある場合、みんなで遊べる遊具として便利なのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gibbon ギボン JIB LINE X13 ジブラインX13 ブラック 13850 スラックライン
価格:11699円(税込、送料無料) (2019/3/29時点)

スポンサーリンク

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[全品送料無料] Gibbon ギボン TREE WEAR ツリーウェア Green グリーン 10099 スラックライン
価格:2399円(税込、送料無料) (2019/3/29時点)

楽天で購入

 

 

最後の手段は…

大人の事情で、どうしてもお花見の間静かに遊んで欲しいなら、携帯ゲームが一番。
せっかく外に出ているのに…と思うのですが、混み合っている場所でお花見をするなら、それしかないという場合もあります。
また、別の機会に、思い切り遊ぶとして、あきらめることも大切です。

まとめ

○遊べる場所を選んでお花見しましょう。
○テリトリーの中で楽しめる遊びがおすすめ。
○できそうでできない面白さのある遊びは、夢中になって遊びます。

お花見に関する記事まとめ!

スポンサーリンク

-子連れ旅行
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

春休みの国内旅行はプラスアルファで楽しむ 家族にオススメの場所は?

———————– 春休みは短いけれども、新年度の準備に忙しい時期でもあります。 そんな合間に、少し日常を …

【体験記】USJ 子連れで楽しむクリスマス2017 定番エリアとミニオンパーク

———————– 我が家の娘が4歳になり、年間パスを購入。今までも何度か遊びに来ていたUSJに本格デビュ …

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行3日目〜タイマッサージ体験〜

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行3日目〜タイマッサージ体験〜

———————– バンコク旅行もいよいよ最終日となりました。この日は特に観光の予定を入れず、ホテルステイ …

【行ってきた】和歌山加太の満幸商店Ⅱで子連れランチ♪

【行ってきた】和歌山加太の満幸商店Ⅱで子連れランチ♪

———————– 加太で有名な満幸商店。 しらす丼を食べに行ったのがきっかけでしたが、そのほかのメニュー …

軽井沢からアクセス可能ないちご狩り こもろ布引いちご園に行きました!

———————– いちご狩りのシーズンが始まりました! 今回は長野県の佐久、小諸地方のいちご園に行ってき …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。