小学校入学準備はいくらかかる?必要な費用と安く済ませる方法! | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

子育て

小学校入学準備はいくらかかる?必要な費用と安く済ませる方法!

投稿日:2017年11月17日 更新日:

———————–
小学校入学に際して、準備物はいろいろと必要。
一度に大きな出費になります。費用はいくらぐらいになるのでしょうか。
工夫次第で安く済ませる方法もありますよ。
入学準備の費用をご紹介します。

———————–

スポンサーリンク

小学校入学 準備には意外とお金がかかる

入学説明会を終えて、体操服のやら学用品の準備を始めて思ったのが、「小学校の入学って、結構お金がかかるのね。」ということ。公立だし、授業料を払う訳ではないので、そんなにお金がかかるイメージではなかったのですが、最初の出費は大きいようです。
うちの娘は保育園に通っていたので、クレヨンやら、ハサミやら、今あるものでもいいかな?と思っていたのですが、学校の指定のものがあったり、さすがにクレヨンくらい新しいものにしようかな、などと用意を始めたりしたら、小さな出費も重なりました。
では、具体的に、入学準備にはいくらかかるのでしょうか。

小学校入学準備 必要なものの費用は?

通学用品類 服や靴など

・ランドセル
ランドセルは人気モデルで5万円くらいです。アウトレット価格で購入できるお店もあり、型落ちの物を半額で購入できる場合もあります。安い物は1万円台から購入可能です。

・制服
制服がある学校の場合、制服代も必要です。それは学校の指定の販売店を聞き、値段をご確認ください。1万円未満の場合もあれば、全て買うと2万円くらいする場合もあります。

・上靴
1000円くらいのものから、3000円近いものまで様々です。学校指定のものもあるかもしれません。

・体育館シューズ
上履きとは別で購入する必要のある学校もあります。体育館用の上靴ですから、値段は上靴と同じです。

・体操服
半そで半ズボンだけの学校もあれば、寒い地方では長そで長ズボンも購入する学校もあります。半そでで1500円ぐらい、半ズボンは2000円くらいです。紅白帽も合わせて5000円ぐらいに収まると思います。
ちなみに、我が家は2セット買ってしまったのですが、小学生は月曜日に体操服を持って行き、金曜日まで持って帰ってこないため、体操服は1セットで良かったかなと思いました。まずは1セット購入し、不便がないか試してみてください。

・袋類
上履き入れと手提げ袋は手作りの場合、材料代だけになりますので、1000円ぐらいでどちらも作れると思います。購入する場合、ハンドメイド風の物で2000円ほど。手さげ袋は2500円くらいです。ショッピングセンターに行けば、もう少し安いものもあるかもしれません。
体操服の袋も、作れば1000円未満でできますが、購入する場合は1500円ぐらいです。

・雨具
登校を考えると、傘も必要です。子ども用の傘は1000円未満で購入可能です。
カッパも、遠足などで使用する可能性があります。100円ショップでも売っていますが、100円ショップのカッパを持ってくる子どもは少ないと思います。でも、使わない可能性もありますし、100円ショップのものでも大丈夫でしょう。(ただし、リュックサックは濡れます。)使い捨てではないものは、1500円ぐらいします。リュックサックの上から着られるものもあり、便利です。

・給食着
購入するところと、しないところがあります。購入する場合、2000円くらいかかります。

通学用品類の予算は、制服がないとすれば、ランドセル抜きで15000円くらいです。

スポンサーリンク

学用品

・文房具
筆箱は低学年なら箱型のものを指定されることが多いので、1500円ぐらいします。
鉛筆は1ダース600円ぐらい。
ものさし、消しゴム、赤鉛筆、下敷き、鉛筆削りと合わせて1000円ほど。
色鉛筆は12色で600円くらい。
クレヨンは16色で500円。
のりはでんぷん糊、スティックのりは100円ショップでも購入可能ですが、フエキのりなら300円ぐらい。乾くと色が消えるスティックのりも300円ぐらいです。
ハサミは300円ぐらいで、使い勝手の良いものが手に入ります。
子ども用のセロハンテープも買う場合、200円ほどで売っています。

以上、合わせて5000円もあれば、充分な文具を揃えることができます。

ちなみに、我が家は電動の鉛筆削りも買いましたが、ショウワノートのもので、4600円でした。もっと安いものもあるのですが、長く使うものですし、使用感が良いものにこだわりました。

・算数セット
一箱全部購入する場合もあれば、計算カードだけ、という場合もあります。一箱購入する場合は3000円、計算カードだけなら300円ぐらいです。

・あぶら粘土と粘土板
学校のものを使う場合もあれば、持参する場合も。あぶら粘土は300円。粘土板は500円くらいです。

入学式にもお金がかかる!

入学式は、子どもも大人も着飾って出席されます。我が家の場合、子どものワンピースは7000円の物を着せましたが、靴、上着と合わせれば、1万円ぐらいかかりました。
そして、大人。お母さんのスーツなりワンピースなり、そこそこの物を用意するとなると、5万円ぐらいかかるでしょうか。

ただし、式服に関しては、レンタルするという手もあります。女性のワンピーススーツなら、5万円ぐらいの物を5000円で借りることができます。
今後あまり着る予定がないのであれば、借りるのもいいと思いますよ。

まとめ

全て込みで、5万円ほどあれば、とりあえずの物を揃えられそうです。ランドセルなど、こだわり出したら、10万円ぐらいにはなりそうです。

小学校入学準備で気になるあれこれ!まとめ

スポンサーリンク

-子育て
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時計の読み方はどう教える?小学一年生 家庭での教え方のコツ!

———————– 小学校の一年生で時計の学習がありますが、 「時計の読み方がわからない!」 「学校で習っ …

ジュニア英検と英検の違いは?知らずに受験した我が家の失敗談

———————– 小学生で英会話スクールに通っているお子様をお持ちの方ならご存知のジュニア英検。現在はブ …

これで安心!小学校入学式までに子供に身につけさせるべきこと

———————– 春が近づいて来ると、楽しみな反面不安にもなる入学式。 小学校に入れば、幼稚園や保育園の …

小学校への入学準備 子供に身につけておくべき勉強のスキルは?

———————– 小学校に入学して心配なことと言えば、勉強のこと。 小学校に行って、どんな学習をするのか …

子どもの発達障害 どこに相談するの?辛い気持ちを抱えないで!

———————– 子どもが大きくなってくると、 「周りの子と違うかも?」 「またお友達をケガさせてしまっ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。