お正月の七草がゆの味付けは?薬膳でプラスアルファの美味しさに | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

季節の行事

お正月の七草がゆの味付けは?薬膳でプラスアルファの美味しさに

投稿日:

———————–
お正月の七草がゆ、皆さんは食べていらっしゃいますか?
行事食だし、あまり美味しくなくても仕方ない…なんて言わずに、味付けを工夫して、美味しく体にも優しい七草がゆを作りましょう。
七草がゆの味付けについてご提案します。

———————–

スポンサーリンク

七草がゆの効果は?

一月七日に食べる七草がゆ。お正月の食べ疲れを癒しながら、一年の無病息災を願って食べます。

七草がゆに入れるのは「春の七草」。「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」という歌が残っています。子供の頃、なずなの若葉を摘んできて、おひたしにして食べた事を思い出します。春の味ですね。
「すずな」とはカブの古い呼び名で、「すずしろ」は大根です。ところで、「ほとけのざ」は、いわゆるホトケノザという草ではなく、「田平子」の別名です。ホトケノザは食用ではないので要注意。

カブは、薬膳でお腹を温めるとされていて、冬にぴったり。消化不良にも効果があると言われています。
大根も消化を促進するので、胃もたれやお腹の張りに効果があります。まさに、この時期にぴったりな食材なのです。

七草がゆを美味しくする味付けの工夫

七草がゆの味付けは塩が一般的なのですが、美味しいか?と言われると、正直、美味しいものではありません。
でも縁起物だし、毎年我慢して食べるという方もいるかと思いますが、折角だったら、美味しく食べたいですよね。

そこで、七草がゆに旨味をプラスしたいと思います。

和風の旨味といえば、昆布。昆布の旨味を足せば、十分美味しくなります。便秘にも効果があるとされています。美味しく食べて、お腹もすっきりさせてくれそうです。

中華風にするなら、鶏がらスープも合います。少しごま油を加えて、ネギなども入れるといいですね。

他にも、前日の鍋の残りを使って、雑炊風に仕立てても美味しそう。
ちょっと醤油を垂らして食べれば、お子様にも美味しく食べられると思いますよ。

七草がゆに薬膳食材をプラス

さらに一工夫したい方には、薬膳の効果もプラスしてはどうでしょうか。七草がゆの効果をさらに高めてくれそうな食材をご紹介します。

塩鮭
東日本では年取り魚としてお正月の定番になっていますが、鮭には胃腸を温めて消化機能を高める働きもあります。七草がゆに焼いた塩鮭をほぐして入れたら、美味しさアップ間違いなし!身体にも優しい一品です。

スポンサーリンク

帆立
帆立の貝柱を入れて、旨味を出しつつ、薬膳の効果も取り入れてしまいましょう。特に、干し帆立は、旨味もたっぷり。ほぐして、水で戻して、お粥を炊くときに戻し汁も一緒に入れてもいいですね。缶詰の帆立も料理しやすくて便利です。
帆立には、消化吸収力を高める働きだけでなく、滋養強壮や老化予防の効果があるとされています。大根やカブに帆立の旨味が染み込んで、美味しいお粥になりそうです。

鶏肉
鶏肉は消化をしやすく、負担になりにくい食材です。旨味も豊富です。お粥を炊く時に、お米と一緒に入れておけば、完成する頃にはすっかり火も通っています。お腹を温める効果もあります。コラーゲンで美肌効果も期待できますね。

腹持ちを良くするために

「朝ごはんが七草がゆだと、お腹が空いてしまう」という方には、お餅を入れるのはどうでしょうか。
もち米は、食欲不振に効果があると言われています。元気が出てくる食材としてもオススメです。
初めから一緒に炊いてしまうと溶けて全体的にネバネバし過ぎてしまうので、お餅は別で柔らかくします。お湯を入れた丼にお餅を入れてラップし、電子レンジで温めます。短い時間で様子を見てください。柔らかくなったら、お粥に入れてください。
おかゆをご飯から作る場合は、最初から一緒に入れても大丈夫です。

まとめ

○七草がゆは、無病息災を祈るもの。正月の疲れた胃を休める意味もある。
○旨味を足せば、もっと美味しく食べられます。ご家族が喜んで食べる工夫を試してみましょう。

七草がゆ、薬膳効果をプラスして、美味しく食べてくださいね。

スポンサーリンク

-季節の行事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホワイトデーのお返し 息子の代わりに小学生の女の子に選ぶなら何?

———————– 息子が小学生の女の子にもらったバレンタインのチョコレート。当然ながら男の子が気の効いた …

お正月を実感する過ごし方 イベントから家でできる工夫までご紹介!

———————– 昔の人々は、変わらない毎日の区切りとして行事を行っていました。 行事が簡略化し、年々、 …

クリスマスリースを手作り 子どもが簡単に作れる手順をご紹介!

———————– クリスマスに、子どもたちとクリスマスリースを手作りしませんか? 子供会などで、いろいろ …

ひな祭りの初節句 お嫁さん方祖父母からのお祝いはどうする?

———————– お孫さんの初節句、祖父母としてはうれしい反面、お祝いで気にかかることが多いですよね。 …

ハロウィンの仮装 子どもと楽しむトリックオアトリート2017in大阪

———————– この週末はハロウィンパーティーをされた方も多いのではないでしょうか。 子どもの頃、まさ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。