【やってみた】クラックビー玉がうまくできない!ヒビが入らない場合は? | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

科学遊び

【やってみた】クラックビー玉がうまくできない!ヒビが入らない場合は?

投稿日:

———————–
以前オススメの実験としてクラックビー玉をご紹介しましたが、「ヒビがうまく入らない!」というご意見をいただきましたので、対策をお伝えしたいと思います。クラックビー玉、やってみたけどうまくできなかった皆様、もう一度トライしてみましょう♪
———————–

スポンサーリンク

クラックビー玉のヒビがうまく入らない時はどうする?

クラックビー玉って、子どもと実験するとすごく盛り上がるオススメ実験なんですが、コツを押さえておかないと、結構うまくいかないんですよね。

こんなビー玉が完成^^;
これじゃ、ただの割れかけのビー玉…

左が成功、右が失敗作です。

スポンサーリンク

おそらく、肝心なポイントが欠けているのではないかと思いますので、確認していきたいと思います。

<チェックポイント!>
・十分な加熱
まず、これが一番大切なのですが、十分加熱していない時に失敗することが多いですね。
私が以前ご紹介したように、直火で熱すると、ほぼ間違いなくうまくいきますが、フライパンなどを使って熱した場合には、ビー玉に直接火が当たっていないので、十分熱するのにかなりの時間がかかります。(私の経験では、30分近く熱しないと成功しませんでした。)
直火で熱するための道具がないよーという場合でも、長時間熱すればうまく行きますので、熱する時間を長くする事で十分加熱してみましょう。
ビー玉の色が変わって見えるくらい熱するのがポイントです。

・熱してから、一気に冷やす!
次のポイントは、この温度差です。
クラックビー玉は、熱して体積の大きくなったビー玉を一気に冷やして縮めることによってヒビが入るので、温度差は大きい方がいいと思います。
十分に熱してあれば、普通の水でもクラックが入るのですが、加熱が不安なら、水を氷水にしておくと、さらに温度差は広がるのでオススメです。

もし、これでもダメならメールでご連絡ください。別の理由があるのかもしれません。試してみます。

あ、あと、よくクラックビー玉を「クラッシュビー玉」だと思っている方がいるのですが、正しくは「クラック(ヒビのこと)」です(^^)間違えないでくださいね〜

スポンサーリンク

-科学遊び
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【科学遊び】プルプルスライム作り方!よく伸びるよ♪

【科学遊び】プルプルスライム作り方!よく伸びるよ♪

———————– 科学遊びの定番、スライム。 定番過ぎて「そんなの知ってるー」という反応も多いと思うので …

【科学遊び】スライムの作り方アレンジ!もちもちスライム

【科学遊び】スライムの作り方アレンジ!もちもちスライム

———————– スライムの作り方アレンジ第2弾。 普通のスライムでは飽きてしまった方にオススメしたいス …

【科学遊び】簡単な実験ネタをまとめてご紹介!

【科学遊び】簡単な実験ネタをまとめてご紹介!

子供会や科学クラブなどにオススメ! 簡単な実験のやり方をご紹介しています。 今度は何をしよう?と悩んだときに、ヒントになるものをそろえていきます。 どんどん更新中♪ 【科学あそび】カルメ焼きを温度計や …

【科学遊び】べっこう飴作り砂糖と水の割合は?

【科学遊び】べっこう飴作り砂糖と水の割合は?

———————– べっこう飴作り、やってみた方が思うことの一つに、砂糖と水の割合は結局どのくらいだといい …

【科学あそび】カルメ焼きを温度計や専用のおたまなしで作る方法は?

【科学あそび】カルメ焼きを温度計や専用のおたまなしで作る方法は?

———————– 大学生の時、カルメ焼きを作る体験に参加したことがありました。 専用のおたまを使って、上 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。