【やってみた】木工用ボンドとグルーガンを用途によって使い分けよう! | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

手作り

【やってみた】木工用ボンドとグルーガンを用途によって使い分けよう!

投稿日:

———————–
手軽な接着剤として、木工用ボンドとグルーガン(ホットボンド)を使われている方は多いですよね。
木工用ボンドとグルーガンは、素材や場面によって、それぞれ得意不得意があります。
メリットとデメリットを知って、使い分けていきましょう!
———————–

スポンサーリンク

木工用ボンドとグルーガンを使い分けよう!

木工用ボンドと言えば、一本百円で購入できますし、工作の強い味方!

一方、グルーガンも、手芸などで大活躍。百円ショップで売っていますが、本体は200円ほどで購入できます。グルーの色もいくつかあり、使い分け可能。

それぞれの得意、不得意を比較してみたいと思います。

○固まりやすさ
すぐに固まる、という意味では、断然、グルーガンでしょう。1分以内に固まります。

一方、木工用ボンドは、湿度にもよりますが、しっかりと固まるまで半日ほどかかります。

すぐにくっつくので、こういう、不安定なものをポンっとくっつけたい場合は、断然グルーガンです。

木工用ボンドは、固まるまでに時間がかかる一方、時間がかかるだけのメリットも。
木工用ボンドはしっかり伸ばして貼り付ける余裕があります。

広い範囲を貼り付ける時に、時間をかけて貼り付けることができます。
グルーガンだと、その余裕がないので、ボコボコしたまま貼り付けてしまうことに…↓


画用紙など、広い範囲を貼り付けたいなら、木工用ボンドの方がいいです。

<注意!>
木工用ボンドには水分が含まれているので、折り紙のような薄い紙を貼るときはシワシワになります。

【やってみた】木工用ボンドとグルーガンを用途によって使い分けよう!

木工用ボンドを使用するなら、厚さのある紙か布を貼った方が良さそうです。

○水への耐性
グルーガンは、ビニールの一種を溶かしてくっつけるので、水への耐性は高いです。船の工作など、濡れるおもちゃを作るなら、グルーガンの方がいいですね。

木工用ボンドは、水溶性なので、濡れる用途には使わないように書いてありましたが、どうなのでしょうか。

<濡らして取れるのか試してみた>
グルーガンと木工用ボンドが間違って服に着いた場合など、水に濡らして取れるのか、洗えるフェルトでやってみます。

乾く前なら、木工用ボンドは水溶性なので洗えばすぐに落とせますが、固まってしまった場合は、全く取れません。(左がグルーガン、右が木工用ボンド)

ちなみに、グルーガンはすぐに固まるので、布に染み込むことは難しいみたいです。
柔らかいうちに塗り込んでみてもこんな感じでした。

濡らせば取れるかな?比較実験!

 

どちらも、水に浸けても取れない。


木工用ボンドは水を吸って白くなりますが、溶けることはないみたいです。

お湯に浸けてみました。


グルーガンは柔らかくなりましたが、木工用ボンドは変わらず白っぽくなったまま。結構引っ張ってみたものの、どうしても取れなかったです。

スポンサーリンク

固まってしまうと、どちらも水で溶けることはないみたいですね。ただ、木工用ボンドの場合、水を吸っているのは分かるので、長時間になると、変質はするかも。なんども濡れるような場面で使用するなら、グルーガンでくっつけた方がいいかなと思います。

 

 

○発泡スチロールを貼る
グルーガンだと発泡スチロールを溶かしてしまうのでは?と思いつつ、恐る恐る使用してみました。今回は、割り箸を貼り付けてみます。黒い発泡スチロールと白い発泡スチロール、どちらも試してみました。

全く問題ないですね!
発泡スチロールの耐熱温度は70度から90度ほどらしいのですが、ギリギリ、グルーガンで溶けない温度みたいです。

木工用ボンドでも、やってみます。

固まると、しっかり固定されていました↓

発泡スチロールの場合は、グルーガンでも木工用ボンドでも、どちらでも問題なしでした。

どの程度固定されているのか確認。無理矢理外してみると…

木工用ボンドはスルッと剥がれる感じ↑

グルーガンは、発泡スチロールごと剥がれます!!

穴が開くほどではないので、固定するというだけならグルーガンでも問題ないようです。

○安全性
グルーガン、結構熱くなります。
金属の部分の温度は100度以上になります。溶けたばかりのグルーもかなり熱いので、火傷をする場合があります。
小さな子どもが使用すると、火傷をする場合があるので、ちょっと扱いにくいかなと思います。(実際、我が家でも何度か火傷をしました)

木工用ボンドは、肌についても危険はありません。
万が一間違えて飲んでも、それほどの大事には至らないそう。
安全性という意味では、木工用ボンドの方が上です。

<結論>
以上を勘案すると、

・安全なのは木工用ボンド。子ども一人で工作するなら木工用ボンドがオススメ。
・すぐ固定したいならグルーガン。たいていの物をくっつけることができます。発泡スチロールも大丈夫!
・広い範囲に使用するなら、すぐには固まらない木工用ボンドの方が扱いやすい。
・何度も濡れるシチュエーションで使用したいなら、グルーガンがオススメ。

 

便利という意味では、グルーガンの方が圧倒的なように感じました。
でも、子どもが安全に使えるという点では、木工用ボンドが有利ですね。

グルーガンって、すごいです。こんな所にもくっつけられる。

ビー玉同士もこの通り♪

でも、さすがに、引っ張れば取れました。

ツルツルな面では実力が発揮しにくいようですが、力がかからないような使い方なら、ほとんどの素材をくっつけることができそうですね。

スポンサーリンク

-手作り
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒンメリを作ってみたい 由来と作り方~基本の形〜

———————– ヒンメリってご存知ですか?フィンランドの伝統装飾で、別名、光のモビールとも呼ばれていま …

ダーニングまとめ!

ダーニングに興味があるけど、なんだか難しそう…という、そこのあなた! 普段、裁縫をされない方でも、簡単に衣服の補修ができますよ♪ しかも、初めは、手近な道具でスタートできます。 ぜひ挑戦してみてくださ …

クリスマスツリー飾りを手作り 子どもとエコに工作!

———————– クリスマスツリーの飾りを身近な材料で簡単手作りしましょう。 ダンボールと毛糸で作ります …

イチゴ飴を手作り!アルミホイルにくっついてしまう場合は…?

イチゴ飴を手作り!アルミホイルにくっついてしまう場合は…?

———————– いちご飴手作りシリーズ、3作目は、アルミホイルにくっついちゃう問題。 せっかく完成した …

プラ板に油性ペン以外で色を塗る方法は?身近な材料で!

プラ板に油性ペン以外で色を塗る方法は?身近な材料で!

———————– お子さんとプラ板で遊んだことってありますか? プラ板で、本格的なアクセサリーを作ってみ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。