【体験談】突発性難聴で入院!治療の様子や経過は? | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

病気

【体験談】突発性難聴で入院!治療の様子や経過は?

投稿日:2019年4月21日 更新日:

———————–
しばらく、ブログ途絶えておりました。
この間、突然の耳鳴りと共に、片耳が聞こえなくなってしまいました。
突発性難聴について、完全に他人事だと思っていた私。
そこからの治療と入院。その後の経過についてご報告します。
同じような境遇に置かれている方に届きますように!
———————–

スポンサーリンク

突発性難聴で入院!治療の流れは?

突発性難聴。
聞いたことはあったし、実は私の父も最近発症したばかり。

でも、基本的には年配の方の病気かと思っていて、まさか30代の私が発症するとは思ってもいませんでした。

ことの発端は、ドタバタな朝の準備最中。
まだ洗濯干してない!子供のお便り確認してない!…と慌てふためいている最中のこと。

 

 

キーーン…

 

 

高い音と共に片耳が全く聞こえなくなってしまいました。

まさか。
突発性難聴??

 

 

まさかね。と思いながら準備を続けるも、全く良くなる様子もないので、段々と不安になってきた私。
夫に
「耳鳴りがしてから、全く片耳聞こえなくなっちゃった」
とラインをして、取り敢えず出勤。
見た目には変化ないですし、周りの人も全く気がつかないけど、聞こえない不安からパニックになりそうな自分がいました。
【体験談】突発性難聴で入院!治療の様子や経過は?

時間が経つに連れ、聞こえる方の耳だけが音を拾うので、どこから聞こえてくる音なのか?幻聴なのか?負のスパイラルにハマり始めましたが、一度聴力が少し戻ってきた様子。

しかし、仕事が終わってから耳鼻科に行くと、やはり残念な結果が。
突発性難聴との診断でした。

「入院できます?」
小さな子供もいるし、そんな急に判断できません。
「週末まで薬を飲んで様子を見ましょう」
ということで、ステロイド剤を飲みながら経過を観察することに。

【体験談】突発性難聴で入院!治療の様子や経過は?

プレドニンという薬がステロイド剤です。思ったより小さい薬でした。苦味があります。

 

この時点で、頭を締め付けるような痺れや頭痛、目の下の違和感など、耳周り以外の不調も感じていた私。
特に辛かったのが、聞こえない方の耳に水が入ったような違和感が続いていたことでした。

夫が鍼灸師なので、相談してみると、
「じゃあ、鍼してみよう」
というので、その日から鍼治療もスタート。
耳の周りや首に鍼を刺されることに恐怖心がありましたが、背に腹は変えられません。
お陰で、その日のうちに、水が入ったような違和感がなくなりました。

 

 

こうして数日経過。
本当は1番の治療はしっかりと休むことなのですが、働きながら、家事をしながら、これが精一杯でした。

 

 

週末にいよいよ、2回目の通院。
聴力検査の結果は、1回目よりも悪化していました。

言いにくそうに主治医が口を開いたので、
「あの。入院するつもりできました。」
と先に言うと、
「あー!よかった!じゃあ、紹介状書いておきます。」
と、主治医もホッとした様子。

家のこと、仕事のこと、全てお任せして、完全に治療に専念することにしました。

 

 

突発性難聴は、発症して48時間以内に治療をスタートさせると50パーセントの確率で治ると言われています。
1週間のうちに治療をスタートすればベスト。2週間以内には治療しないと、もはや聴力が戻らないとのこと。完全に治る確率は3分の1。

どうせなら、そこに入りたい!

入院の準備をして、その日を迎えました。

突発性難聴で入院 ステロイドの治療の様子は?

紹介状を持って病院を訪れると、受付開始前からすでにたくさんの人が待っていました。
紹介状はあるものの、予約は取れなかったため、診察してもらえるのはいつになるやらわからない状態。

頭の痺れるような違和感を感じ、横になりたいものの、横にもなれず、じっと待っていると、受付がスタートしました。

次々と番号が呼ばれていきますが、音が反響してよく聞こえない。
片耳が聞こえるとはいえ、この人だかりなので、かなり集中しないと自分の番が呼ばれているのか分からないということに気づきました。
幸い、電光掲示板もあるので、それが見えやすい位置に移動し、ひたすら自分の番号が表示されるのを待ちました。
(耳が聞こえないと、本を読んで待つとか、スマホに目をやるとか、他のことをしている心の余裕がないんだ…)
【体験談】突発性難聴で入院!治療の様子や経過は?

側から見れば、私が難聴であることは分かりませんし、基本、みんなが聞こえていると思って生活をしています。
バリアフリー化は進んでいますし、耳が聞こえない方への配慮も進んでいると感じますが、自分が体験して、まだまだ不便さがあるんだなと気づきました。

早目に病院に到着したこともあり、2時間ほどで診察を受けることができました。
聴力検査を受け、眼振がないか検査して、やはり入院ということに。

病室に案内され、横になるとホッとしました。

突発性難聴の原因は諸説あり、実際のところまだよくわかっていません。
私自身がなってみて感じたのは、耳が聞こえない以外の症状。
頭が痛かったり、痺れたりするので、頭の中の血流が関わっているのでは?という感じがしました。
(あくまで私の感想です)
なので、身体を横にして、何も考えずに休むことは、とても大切なことなんだろうなぁと思います。
それだけで、かなり頭の緊張がほぐれるように感じました。

 

 

入院した時点で、かなりの聴力を失っていた私。
ここから、点滴での治療がスタートしました。
最初に、薬の副作用について説明がありました。
高濃度のステロイドを点滴するということで、「なんだか怖い」と身構えてしまいましたが、点滴の中身は、治療を開始した時点で飲んでいた薬とほぼ同じでした。
副作用は、消化器系に影響が出る可能性と不眠など。

短期間ですし、心配だったのは、食欲が落ちることでしたが、逆に食欲が出すぎることもあるということで、私の場合はそれだったのかも…毎食デザートをモリモリ食べてしまいました(^^;

【体験談】突発性難聴で入院!治療の様子や経過は?
(Lと書いてありました。容量が減ってくると、次の点滴はMでした。)

点滴をすると、血流が良くなるような、血圧が上がったような感じがしました。
ちょっと動くと心臓がドキドキする感じで、一気に血流を良くして治そうということなのかな?と思いました。

それ以外のしんどい副作用もなく、始めの3日間が終了。
ここから少しずつステロイドの濃度を下げて、3日ごとに点滴の内容を見直すとのことでした。

最大10日近い入院になるということだったので「職場には1週間って伝えちゃったなぁ…」と不安に思っていると、「最後のステロイドは、飲み薬でも対応可能なので、退院しても大丈夫です」と言われました。
職場復帰はともかく、とりあえず家に帰れるのはありがたい。
帰ったら帰ったで休めないんじゃないかという気もしましたが、子供たちのそばにいてやれることはうれしいと思いました。

これから入院される方へ。
基本、1週間。長くて10日くらいは入院するつもりでいてください。
長いようですが、後からでは取り戻せない時間です。
しっかりと治療されることをお勧めします。

<追記>一週間の入院、費用が心配でしたが、1日1万円ほどとなりました。(私の場合は6日間食事代込みで7万円ちょっとでした。)思いがけない出費となり、なかなかの痛手でしたが、高額医療の保証もあるようで、10日間になったとしてもMAX8万円くらいで済むそうです。自治体や納めている税金によって違いもあると思いますが、目安にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

突発性難聴の治療と経過〜私の場合〜

<入院1日目>

点滴の副作用か、日中眠り過ぎたからか、夜良く眠れませんでした。
朝目が覚めて、耳のそばで音を立ててみて聴力を確かめてみるも、ほぼ変わらず。

こんなに変化がないのは、もうダメなんじゃないか?

…と1日目から凹んでいました。

診察があり、お医者さんと話すと、
「ま、1日目ですからね。退院してから治ってくる方もいますし。一喜一憂せずに。」
とのこと。
そうか。そんなにすぐに変化が出てくるものではないようです。

入院中は、ネットで見た、「聞こえない方の耳だけで音楽を聴くと、聴力が戻ってきた」という記事を元に、片耳でひたすら音楽を聴くようにしました。

<2日目>
点滴。鍼治療。音楽療法。安静。
あれこれやっていたので、何が効果を上げたのかはわかりませんが、入院2日目には、ほんの少し聞こえるようになってきた?感じがしました。
まだゲームのピコピコ音のような感じでしたが、「聞こえるー!!」という感動の方が大きかったです。

<3日目>
ピコピコ音だったものが、繋がって聞こえている感じになってきました。
まだまだ遠くに聞こえる音ですが、「耳が拾っている」という実感を伴っていたので、すごく嬉しかったです。

一方、左右の音のバランスが違うので、頭の中で変に反響して聞こえて、少し辛く感じました。
人と話をするときは、どちらか一方の耳を押さえながらじゃないと聞き取りにくいような感じでした。
咳払いなどの音が、わんわんと頭にこだまして聞こえました。

<4日目>
「聞こえるようになってきたんですか?」
と耳鼻科の先生に聞かれ、頷くと、
「良かったですねー!」
と言われました。
入院中に聞こえが戻ってくる方は少ないらしく、予想以上に順調な回復らしいです。

これで、少なくとも、全く回復しない3分の1には入らなかったみたいです。ホッとしました。

この日も音楽療法と安静を心がけ、ベッドで過ごしていました。

午後からは聴力検査。
入院する際に検査した時は、ほとんど聞こえていなかった音域が、少しずつですが聞こえている実感がありました。
聞こえる耳にノイズを流しながら、聞こえにくい方で聞く検査や、骨伝導の音を聞く検査など、あれこれやっていただきました。

ちなみに耳鳴りに関しては、発症当初の「ピー」という高い音のものはなくなったのですが、常に「サー…」という感じの雑音が流れている感じが続いていて、この時点でも変わらずでした。

<5日目>
診察で、眼振がかなり改善しているとのこと。
いよいよ明日退院です。
帰ったらまた忙しくなるかな…と不安を感じつつも、久しぶりに家に帰れるという安心感もあって、複雑な気持ち。
頭痛というか、頭の痺れはほぼ感じなくなってきました。耳鳴りは続いていますし、まだまだ聞こえは戻っていませんが、「聞いてる」実感は戻ってきているので、しばらく安静を心がけつつ、普段の生活に戻っていこうと思います。

 

<6日目>

午前中に早めに点滴をスタートし、退院前の検診。

1ヶ月分の薬をまとめて受け取って退院しました。次回は念のためMRI検査も受けなくてはいけないそう。久しぶりに体を動かすと、体力が落ちていることを実感。少し歩くだけで疲れました。耳の不調は、音が聞こえないだけでなく、バランス感覚も悪くなるようです。普段よりも落ち着いて行動する必要を感じました。

 

…現在はここまで。今後、また経過をお伝えします!

 

<追記>三ヶ月後の記録
一ヶ月後の検診で、かなり聴力が戻っていることが判明!音域によっては、よく聞こえる方の耳よりも聞こえている部分もあり、お医者様にびっくりされました。しかし、完全には治らず、高音域が戻りにくいというのは事実なようです。とはいえ、完全に失っていた聴力が8割がた戻ってきたことは、本当に奇跡のようです。入院をしたことが、正しい選択だったと確信しています。

・一年後の記録
あれから一年と少し経ちました。
去年は、せみの鳴き声が聞こえなかったんですが、今年は少し聞こえます!!びっくり。
せみの鳴き声って、7000ヘルツぐらいだそうで、ギリギリ聞こえるか聞こえないか?と言うところなんですが、去年よりも改善しているのが実感できてよかったです。
健康診断で聴力のチェックがありますが、あれは1000ヘルツと4000ヘルツなので、全く問題なくスルーでした(笑)
普段の生活では、7000ヘルツ以上って、あまり実用的な音ではないですから、不便はないんですが、右耳で聞こえる音が左耳で聞こえないのって、耳鳴りがしたり、どこから聞こえているのか方向がわからず、ちょっと気持ち悪いです。。
現在は相変わらず、漢方を飲み続けています。飲み忘れると、耳の周りが締め付けられるような違和感を感じるので、薬は必要なようです。

まとめ

片耳だけとはいえ、
「このままでは今までのように仕事ができなくなるかもしれない」
と思い、本当に悩みました。人相手の仕事なので、ざわざわとした場所でお客様の声がうまく聞き取れないというのは致命的でした。

しかし、時期的にも仕事が立て込んでいる時だったので、入院になかなか踏み切れずにいた中、
「治すことが、職場のためにもなるから」
と入院することに背中を押してくれた上司。
ほんとに有り難かったです。
職場や家族の協力もあって、治療に専念することができました。

突発性難聴は、早めの治療が肝心だとよくわかりました。
1週間休んでも仕事は取り戻せますが、失った聴力はもう戻らないかもしれません。

片耳でも聞こえないと、生活の質は格段に下がります。今回、それを痛いほど実感しました。

私のように耳鳴りから突発性難聴を発症する人だけではないらしく、低音が聞こえないとか、耳に水が入ったように感じるところから発症に気づく方もいるようです。症状が軽い方が治りも早いのですが、症状が軽いからこそ、気付かないまま進行してしまう方も多いそうです。

耳の違和感を感じたら、何もないかもしれなくても、とにかく耳鼻科を受信しましょう。何もないなら、なおよし。もし突発性難聴なら、早目に気付けて良かったと思われると思います。
そして、必ず治療して、治せるところまで治してください。

音楽やおしゃべりなどから、安全情報に至るまで。耳から得ている情報は膨大です。
どうか、軽んじることがありませんように。
あなただけの身体ではないということを思い出してくださいね。

スポンサーリンク

-病気
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型コロナに感染した件まとめ

まさかのコロナ感染→自宅療養しました。家族は濃厚接触者に。。 同じ立場に立たされている方のお役に立てれば幸いです。 【体験談】コロナで自宅療養中の食事はどうする?準備するべきものは? 【体験談】新型コ …

【体験談】歯の神経を抜くのは痛い?治療の流れは?

【体験談】歯の神経を抜くのは痛い?治療の流れは?

———————– 歯の神経を抜かなきゃいけなくなりまして、先週抜いてきました。 それぞれの歯医者さんで違 …

受験生がコロナの濃厚接触者になった場合のPCR検査待ちどうする!?少しでも早く!

  ———————– 濃厚接触者でPCR検査待ちの受験生は受験を受けられないんです!本当は陰性 …

【比較体験!】胃カメラ検査を麻酔アリで!バリウム検査とどっちがつらい?

【比較体験!】胃カメラ検査を麻酔アリで!バリウム検査とどっちがつらい?

———————– 職場の方で、40代になったら胃検診が義務化されてしまい、泣く泣く胃カメラ検査を受けるこ …

インフルエンザ予防接種が必要な理由は?効果と副作用を正しく知って!

———————– インフルエンザの本格的な流行を前に、 悩むのが、予防接種。 毎年打っているけど、効果は …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。