【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜 | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

子連れ旅行

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

投稿日:2019年2月7日 更新日:

———————–
2018年12月、バンコクに久しぶりに旅行に行ってきました。5歳と8歳の子供を連れての、子連れ旅行です。
東南アジア大好き、バンコク大好きな私ですが、子連れでタイに来たのは初めて。
子供たちにとって初めてのタイ。楽しんでほしい!と願ってスケジュールを組んでみたものの、いろいろと失敗も多かったです。
とはいえ、最後は楽しかった!と言ってくれました。
これから子連れでタイに行くという方に、旅の様子をお伝えします。
———————–

スポンサーリンク

バンコク 子連れで観光旅行に行ってみた

独身時代は何度も行っていたタイ。「どうしても、タイに行きたい!」という私の願望で、今回は10年ぶりのタイ旅行に行ってまいりました。

去年子連れでシンガポール旅行に行き、一年半ぶりの海外旅行でした。
当時は子供たちも3歳と7歳。
シンガポールは観光というよりは、動物園や水遊びなど、子供中心の旅行だったので、あまり無理なく遊んできたのですが、今回は観光中心の旅行。なるべくホテルでゆっくり過ごす時間を計画してはいました。でも、ちょっと心配。
上の娘は、イッテQでタイを何度も見ていたのですが、
「治安が悪いんじゃない?」
などと、大人みたいな心配をしていました。
あとで聞くと、悪い妄想がグングン広がっていたらしいです。

大阪から飛行機で5時間。バンコクに到着。
今回は夕方に出国し夜に到着する便だったので、着いたのは現地時間の21時でした。

空港の外に出て、ツアーのバスに向かいます。
【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

ここから、すでにアジアっていう感じが充満しています。

バンコク中心部までバスで40分ほどでしょうか。ホテルに到着。
プロンポンにあるマリオットマーキスに宿泊します。

ステキなエントランスに、子供たちもホッとした様子。
チェックインして部屋に入りました。

アメニティーがタイのホームスパブランドとしてすごく有名なTHANN!
バンコクマリオットマーキスクイーンズパークに子連れで行ってきた

素敵なホテルに感動しつつ、もうすでに深夜だったので、すぐに就寝。移動に疲れた子供達はぐっすりと眠りました。

バンコクの王宮周辺を子連れで散策

翌日。
部屋からは見た景色。バンコクの朝日はゆっくりと昇ってきました。
バンコクマリオットマーキスクイーンズパークに子連れで行ってきた

BTS(高架の電車)も見えました。
【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

朝食ビュッフェを食べてから、王宮周辺の観光へと向かいました。
今までツアーでしか行ったことがなかったのですが、初めてタクシーや電車、船などを活用して行ってまいりました。

9時ごろ、ホテルでタクシーを手配してもらいました。
値段の交渉をしてもらったところ、200バーツで大丈夫だとのこと。
バンコクは悪質なタクシーもあるので、そのタクシーに乗って王宮に向かいました。

車窓からの眺め。
【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜
トゥクトゥクを見ると、タイだなあ!と思いますね。
【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

結果的には王宮に着いた時メーターを見たら、200バーツ以下だったのですが、安全に行けるに越したことはないので、無事に送り届けてくれたお礼を込めて約束通り200バーツ支払いました。

王宮です。

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

敷地内はきれいな洋式トイレもありました。

子供たちはギラギラした装飾に圧倒されながらも、異文化を楽しんでいました。
【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

王宮を後にして、徒歩でワットポー まで向かいます。

地図で見ると隣ですが、門からワットポーまで1キロほどあるので、途中、屋台でコーラを買って飲みながらのんびり歩いて行きました。結構遠い。

ワットポーに到着。
【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

敷地内は地元の方の憩いの場になっているようで、涼みながらおしゃべりをしている方を見かけました。

チケットを購入して入場。
靴を脱いで涅槃仏のあるお堂に入りました。

涅槃仏は大きすぎる上に、人が多すぎて全貌が見えない(^^;

【行ってきた】バンコクをベビーカーで観光できる?レンタルは?

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜
何とか足の方まで到着。
【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

背中側に回ると、お金を入れる108つの鉢があります。20バーツを支払って、小銭をたくさんもらい、鉢の中に入れていきました。

5歳の娘には大変だったようですが、やりきって「終わったー!」と汗をぬぐっていました。

ワットポーの中にはタイマッサージを受けられるマッサージスクールがあるはずなのですが、子連れだし、今回は諦めました。

さて、その時点でお昼。
ワットポーの近くに美味しいマンゴーデザートの店があると聞いていたので行ってみました…が、その日は定休日でした。諦めて、近くでアイスを買い、船に乗って帰ることに。

でも、ここからが大変でした。

ワットポーの近くには船着場( ターティエン船着場)があるので、そちらから電車の駅のあるサパーンタークシンという船着場に行こうと思い列に並んでみました。しかし、それはワットアルンに向かう船の列でした。そこで船着場の人に聞くと、サパーンタークシンに向かう船はここに止まらないとのこと。
仕方ないので、次の船着場(ターチャン船着場)まで歩くことにしました。でも、その船着場は王宮の近く。ということは、もう一度1キロほど歩かなくてはならないということ。

付近にタクシーもたくさん停まっているので、「タクシーに乗ったらいいやん」とも思ったのですが、この付近のタクシーは危険なものも多いと聞いていたので、安全を重視して歩くことに。
(でも、今思えば、タクシーに乗ってしまっても良かったかも…。それくらい大変でした。)

1キロほど歩き、ついにターチャン船着場に到着。船に乗りました。
【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

すると、この船、ワットアルンの船着場には停まることが判明。
じゃあ、さっきの船着場から対岸のワットアルンに行き、そこで待っていても良かったんじゃん!と気づき、がっかりしてしまいました。

チャオプラヤーエクスプレス(船のバスのようなものです)もうまく使えば行動範囲が広がって面白そうだけど、初めての私達には難しいシステムでした。

チャオプラヤーエクスプレスについて詳しく書いているサイトを見つけました。気になる方はこちら!

https://bunkaisan.exblog.jp/27981320/

スポンサーリンク

バンコクの子連れ旅行 BTSのシステムは?

こうして、ようやく電車に乗れるサパーンタークシン駅に到着しました。
バンコクは渋滞がひどいので、BTSという高架の電車を利用するとスムーズに移動ができます。

駅にチケットを買う券売機があるので、そちらでチケットを購入します。以前は、券売機では硬貨しか使えなかったので不便でしたが、少しずつお札に対応したものも増えているので、随分便利になった印象でした。しかし、基本、硬貨のみの券売機なので、硬貨が足りない時は、駅員さんから購入します。

電車はかなりの頻度で走っているので、駅で長い間待つということはありませんでした。

このように、交通手段として便利なBTSなのですが、一つだけ難点が…それは、交通手段としては割高な事。子供料金がないので、家族4人分支払うと、タクシーに乗るより高くなってしまいます。でも渋滞に合わないので、予定通りに動けるというメリットがあるので、バンコク旅行には欠かせない足となっています。

ところで、子連れでBTSに乗っていると、必ずと言っていいほど子どもに席を譲ってくださる方がいました。クタクタになっていた子供たちも席に座れてホッとした様子でした。本当に助かりました。
タイの方は、子どもにとっても優しいんです。

すれ違っただけで、微笑みかけてくれたり、かまってくれたり。
心が温かくなりますよね。

それだけでも、子連れでタイに行って良かった!と思えました。

本日のごはん

この日は、プロンポンのエンポリアムのフードコートでご飯を食べました。
デジポット式のカードにお金を入れて使用します。

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜
入れたお金は返金してもらえないようなので、先にいくら使うのかフードコート内を散策し、予算を決めてからお金を入れたらいいと思いますよ。

このフードコート、隣の公園が見渡せる窓際の席がオススメ。昼間はとても眺めが良いそうです。
私たちは夜に行ったので、残念ながら景色はよく見えませんでした。
そこで、ゆったりとしたソファー席に座ってご飯を食べました。飲み物を持ち込んでも特に注意されることはありませんでした。
【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?
どのメニューも、だいたい100バーツほどです。美味しかったです。

タイ バンコクの子連れ旅行まとめ!

スポンサーリンク

-子連れ旅行
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マリーナベイサンズのプールの入り方は?どこで着替えるの?

———————– シンガポールのマリーナベイサンズと言えば、あのインフィニティープールを思い起こす方も多 …

軽井沢からアクセス可能ないちご狩り こもろ布引いちご園に行きました!

———————– いちご狩りのシーズンが始まりました! 今回は長野県の佐久、小諸地方のいちご園に行ってき …

大阪でイルミネーションを家族と楽しみたい 光のルネサンス2017 プランをご紹介

———————– 寒い季節、クリスマス気分を盛り上げてくれるイルミネーションがあちこちで行われています。 …

お花見を奈良で 子連れでもオススメのお弁当スポットもご紹介!

———————– 子供と行けるお花見シリーズ、今回は奈良です。奈良も桜の名所がたくさんありますが、電車で …

USJ天使がくれた奇跡Ⅲを無料エリアから

USJ天使のくれた奇跡Ⅲ無料ゾーンで見るなら何時から並ぶ?

———————– 天使のくれた奇跡Ⅲ、前回は全く並ばなかったため無料ゾーンのずっと奥からなんとか鑑賞した …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。