【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは? | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

子連れ旅行

【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

投稿日:2019年1月12日 更新日:

———————–
2018年、10年ぶりにタイのバンコクに行ってきました。
初の子連れバンコク観光でしたが、大人だけの旅行よりも気を使うことは多かったです。
タイって、子連れで行っても楽しいの?
子連れでバンコクを楽しむなら?
行ってみてわかったポイントをお伝えします。
———————–

スポンサーリンク

バンコク子連れ旅行おすすめルートは?

ママ友に旅行の話をすると、「タイって、どんなところ?」と言う人が結構多かったです。
写真を見せると、「意外と都会なんだー」と言う反応でした。
タイ、と言うと、イッテQで出てくるような田舎の方のイメージなのかな?と思いました。
もちろん、郊外では自然あふれる場所もありますが、バンコクの中心地は高層ビルが林立し、ショッピングが楽しめる場所もたくさんあります。
今回は、5歳と8歳の子供を連れてのバンコク旅行を元に、子連れで初めてのバンコクを楽しむためのオススメスポットとルートをご紹介したいと思います。

 

バンコクは異国情緒あふれるスポットばかり。
【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

ギラギラな彩色に、私はワクワクしっぱなしでしたが、子供は…というと、ドキドキしっぱなしだったようで、不安から
「お腹痛い…」
という始末。

うーん。子連れ旅行って難しいですね。

今回はなるべく「海外って楽しい!」と思ってもらえるように、無理のないスケジュールを考えたつもりでしたが、それでもしんどい思いをさせてしまったようです。
では、どうすれば、初めてのタイ子連れ旅行を無理なく楽しめるのでしょうか。

バンコクの一押し観光スポットと言えば王宮周辺。エメラルド寺院とワットポーが有名です。
【行ってきた】バンコクをベビーカーで観光できる?レンタルは?

 

【行ってきた】バンコクをベビーカーで観光できる?レンタルは?

ただし、こちら、BTS(高架を走っている電車)でのアクセスが難しく、タクシーや観光バスで行くのが一般的です。

私たちも、行きはタクシーで行ってみました。
タイでは、タクシーもいろいろで、メーターを使わずに不当な料金を請求してきたり、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。流しのタクシーに乗るよりも、ホテルで呼んでもらえば安心ですし、値段の交渉もしてもらえます。
私たちは、午前中にプロンポンのマリオットマーキスクイーンズパークホテルでタクシーを呼んでもらい、王宮へと向かいました。
200バーツで交渉してもらい、30分ほどで到着。朝9時ごろ出発しましたが、それほど渋滞もなく、快適に過ごせました。

王宮付近に到着。王宮周辺は、昔ながらの建物が多いです。
【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?
でも、そこからの移動が、とにかく大変!王宮から徒歩でワットポーへと向かい、帰りは船で駅まで向かおうと思ったのですが、水上バスのシステムが複雑で、なかなか船に乗ることができませんでした。
「ここからは目的地に向かう船に乗れないから、次の船着場まで歩いてください」と言われ、次の船着場まで歩くハメに。
移動だけでヘトヘトになってしまいました。

とにかく、王宮周辺を自力で移動するのは大変です!!

せっかくバンコクに来たなら、王宮周辺の観光はマストです。が、子連れなら移動の負担は少しでも減らした方がいいでしょう。
そう思うと、多少高くても、タクシーを4時間ほどチャーターして、移動はタクシーと決めてしまう方がよかったなぁと後悔しました。

 

メインの観光地以外に、子連れにオススメの場所は、サイアムパラゴンにある水族館「サイアム・オーシャンワールド」です。
ビルの地下にある、巨大な水族館で、船に乗って水槽を上から見たり、水槽の中のダイバーと話をしたりすることができます。普段なかなか水族館に行く機会がない方には、都会にある珍しい水族館ということで、楽しめるのではないかと思います。

サイアムにはマンゴー専門店「マンゴータンゴ」もあります。
たくさん歩いて、おいしいマンゴーデザートも食べて、十分満足できるはずです。

移動をラクにすること。おいしいデザートを食べながら適度に休みを入れること。
これがバンコク子連れ旅行のポイントになります。

 

と言うわけで、おすすめのルートとしては、
タクシーをチャーターして

午前中にホテルを出発→王宮→ワットポー→ワットアルン→サイアムでランチやマンゴーデザート→(元気があればサイアムを観光)→午後はホテルでゆっくり

と言う感じで無理なくまわられたらいいかなと思います。

バンコク子連れ旅行オススメのインスタ映えスポットは?

最近気になるのは「インスタ映え」ですよね。
バンコクはどこを切り取っても絵になると思います。
バンコクマリオットマーキスクイーンズパークに子連れで行ってきた

でも、今話題と言えば、タラートロットファイ・ラチャダー
鉄道市場と呼ばれる夜市です。

こちら、MRT(地下鉄)のタイカルチャーセンター駅から徒歩10分未満で着きます。エスプラナードというショッピングセンターの中を突っ切って、駐車場側からアクセスする方法が便利でした。

で、こちらの写真は、エスプラナードの駐車場の4階から撮影!
【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

実際に行くと、立ち上るような熱気と眼下に広がる光に圧倒されます。インスタ映えを狙って、たくさんの観光客で賑わっていました。

屋台では、可愛いアクセサリーやらぬいぐるみやらがあり、子供たちも大喜びでした。
服やかごバックなどもあり、女性も嬉しいです♪

子連れに嬉しいインスタ映えスポットとしてオススメです。
17時から営業しているので、子連れなら早めに行って、混む前に帰るとラクだと思いますよ。ちなみに、遅く行くと、エスプラネードが閉まってしまうので、駐車場からの写真が撮れません!写真が撮りたい方は早めに行きましょう。

スポンサーリンク

バンコク子連れ旅行の食事はどこで?

せっかくタイに来たなら、タイ料理が食べたい!
今回も、ソンブーンのカニカレーやらディンタイフォンの点心やら、食べたいものは多かったのですが、子供が疲れ切っていて、あまり遠出ができなかったため、諦めざるを得ませんでした。

でも、タイスキは食べてきました。
MKゴールドのタイスキ。
【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

初めて食べたので、どうやって食べたらいいのか分からなかったのですが、お店の方に聞くと、ジェスチャーで「鍋に全部入れて」と教えてもらいました。(ネットで調べると、確かに全部鍋に入れて、鍋の出汁とタレを付けて食べる、というスタイルでOKだそうです。)野菜もお肉も美味しかったですが、エビが見た目以上にぷりっぷりで美味しかったです。辛いタレをつけなければ、子供でも食べられるので、子連れにおすすめです。

デパートのフードコートも安くて便利でした。
私たちはエンポリアムのフードコートで食べましたが、色々なメニューが選べるので子供も安心して食べることができました。

こちら、フードコートのメニュー。全部で100バーツ。

【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

安くておいしいお店が多かったです。
子供は辛くないカオマンガイを食べ、大人はグリーンカレーを食べる、ということもできるので、オススメです。何を選んでも、基本的に100バーツ前後なので、お財布的にも嬉しかったです。

【行ってきた】バンコク子連れ旅行のオススメルートは?

 

まとめ

子連れでバンコクに行くと行った時、「バンコクって都会だし楽しめないんじゃない?」と友達にも言われましたが、観光あり、ホテルステイありでゆっくりと過ごし、楽しむことができました。
特に子連れだと移動の便利さが鍵になると思います。

無理のないスケジュールで楽しんでください。

タイ バンコクの子連れ旅行まとめ!

スポンサーリンク

-子連れ旅行
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンガポール子連れ旅行記 シンガポール動物園とリバーサファリ

———————– スポンサーリンク 2人の子どもを連れてシンガポール旅行。 3日目はシンガポール動物園と …

正月の子連れ旅行 国内ならどこ?ニーズ別でご紹介!

———————- お正月は旅行に行きたい!と思っている方も多いですよね。 小さな子供といく旅行はハプニングの連続。 …

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行2日目〜アユタヤと鉄道市場〜

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行2日目〜アユタヤと鉄道市場〜

———————– 10年ぶりのバンコク旅行、初の子連れでやってまいりました。 1日目に、王宮周辺を歩き回 …

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

【旅行記】バンコクに子連れで観光旅行1日目〜王宮周辺〜

———————– 2018年12月、バンコクに久しぶりに旅行に行ってきました。5歳と8歳の子供を連れての …

子連れ海外旅行の飛行機は大丈夫?子供が安心して過ごすには?

———————– スポンサーリンク 我が家には3歳と7歳の娘がいますが、今年、久しぶりの海外旅行に行って …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。