ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ | くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

くらしたのしく~子どもと家族の情報ブログ〜

小さなお子様のいる家庭向けのくらし情報サイトです。

手作り 暮らし

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

投稿日:

———————–
ぬいぐるみを一目惚れで購入してしまいました。でも、実はそのぬいぐるみ、サンプル品で、すでにボロボロだったんです。
目立たない補修も考えましたが、素材的に難しく、敢えてダーニングで補修してみました。
ぬいぐるみのダーニング、補修のやり方とポイントをお伝えします。
———————–

スポンサーリンク

ぬいぐるみを補修 ダーニングでやってみた

買った時点でボロボロだった、こちらのぬいぐるみ。
それなのになぜ購入したのか?
ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

こんなにボロボロじゃ、このまま捨てられてしまうだろうなぁ。と、捨て犬を見つけてしまった時のような気持ちに負けて買ってしまいました。
このつぶらな瞳。

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

夫には呆れられながらも、家に持ち帰った私。
さて、どうするか…

甲羅の部分の素材が、ビニールのような布なんですよね。それが、破れて剥がれてきている状態。中身はスポンジですが、こちらも劣化している様子。
まずは、布用のボンドでくっつけてみました。
しかし、ボンドが乾いても素材との相性が悪いのかくっつかず。しかも、ボンドの部分が硬化して、触り心地も悪い。

当て布をしてみる?
縫い付けてみる?
あれこれ考えたものの、うまく行く気がしない。

あっ、ダーニングは??

やってみようじゃないの!
ということで、ダーニングしてみることにしました。

初め、刺繍用の太めの針と刺し子糸で、がっつりダーニングしてみました。
しかし、針の太さに耐えられず、さらに布が破ける。
糸の太さも繊細な布と強度が違いすぎて、布の劣化に追い打ちをかけることになってしまいました。

ダーニングすればするほど破れて行くー!!
ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

「かめちゃん、頑張って!」
と娘が励ましているので、やめるにやめられないし。
そこで、針の太さを絹用に変え、刺繍糸一本どりでダーニングしてみることに。

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

かなりいい感じです。

破れそうな布にダーニングするなら、細い針と糸で、繊細な作業をされることがポイントになりますね。
そして、糸を引っ張りすぎないこと。

糸に引っ張られて布が避けています。
布の柔らかさに合わせるように、ふわっとダーニングしていくと、ダーニングした部分とそれ以外との馴染みがよく、うまく補修できました。

ぬいぐるみをダーニングする方法

普通のダーニングなら、ダーニングする部分をぐるっとステッチをかけるのですが、布が弱すぎて耐えられないかもしれないと思い、今回はいきなりダーニングしてみました。
裏返すことができませんし、後で隠れる部分に玉結びを引っ掛けます。

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

まずは縦にステッチ。
普段は折り返すようにステッチしますが、土台に縫い付けるために、今回はフレンチステッチのような感じで縫い付けてみました。

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

 

縦糸に対して、織るように横糸を通していきます。
こちらも、今回はそのまま土台に縫い付け、もう一度つぎの列を同じ方向に向かって縫っていきました。

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

終わりは、縦、横に縫って、土台で糸が絡むようにしてから、引っ張って糸を切りました。
裏返して玉止め出来ませんし、糸を引っ張って切ると切れ端が土台に隠れるため、そこからほつれる可能性は低くなります。

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ

これで完了です。

 

スポンサーリンク

ダーニングでぬいぐるみを補修するコツ

実際にぬいぐるみをダーニングしてみて、糸の選び方、縫い方、なかなか難しいなぁと感じました。
どの場合でも当てはまるポイントご紹介しておきます。

糸は細い方がぬいぐるみの素材と馴染む可能性が高い。
太い糸でダーニングすると、変に目立ったり、素材の強度と合わず、破れの原因になります。

針は、まずは細めでやってみる。
その方が失敗が少ないです。ざっくりした素材の場合、細めの針でやってみて難しいと感じたら太めの針でダーニングしてみてください。

ゆるめに縫う。
これは、普通のダーニングでもそうかもしれませんが、糸を引っ張りすぎると形が崩れてしまいます。ぬいぐるみの場合、一部引きつってしまう感じで、さらに破れてしまう場合もあります。
普段以上に、糸を引っ張る強さに注意してダーニングしていきましょう。

まとめ

ダーニング完成しました。

ぬいぐるみの補修をダーニングでやってみた!やり方とコツ
補修すると、さらに愛しさが増すように思います。
ぬいぐるみの補修の一つの手法としてダーニングを取り入れてみてはどうでしょうか。

ダーニングに興味のある方は、こちらもどうぞ。

ダーニングまとめ!

スポンサーリンク

-手作り, 暮らし
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダーニングはどんな場面で使える?具体例をご紹介!

ダーニングはどんな場面で使える?具体例をご紹介!

———————– ダーニングを始めると、次々補修したくなると思います。 でも、そんなに穴の空いた衣服って …

【写真付き】ダーニング 糸の始末の仕方は?簡単にできる方法!

———————– ダーニングのやり方、本やいろいろなサイトでも紹介されていますよね。 やってみてギモンが …

加湿器で湿度が上がらない原因は?加湿を実感する方法はこれ!

———————– 冬は乾燥が気になる季節。 インフルエンザを予防するなら40パーセント以上にしたい湿度で …

新生活 部屋探しはいつから?大学進学で引越しする際のポイント!

———————– お子様の大学進学おめでとうございます。 進学が決まって、ほっと一安心したのもつかの間、 …

大学生一人暮らしの部屋探し 大切なポイントは?〜住む町の選び方〜

———————– 大学生の部屋探しは入学前の大仕事です。親御さんとしても心配なところですよね。 学生の数 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。